納骨堂の仕組みや注意点について

納骨堂の歴史について

納骨堂の歴史について 納骨堂の歴史は奈良時代からあり当時の貴族や豪族が自分達の遺体を安置するためのものでした。地下に遺体を埋葬せずに建物を建てその中に埋葬することで自分達の栄華を存続させるという風習からはじまりました。
墓石の歴史は江戸時代からなので墓石よりも昔から納骨堂はあったとされています。
明治時代の頃には貴族のものから庶民が使うようになり遺骨を保管してもらうために一時預けていました。
地域によっても役割は様々で北海道のような雪深い地域では墓地が雪で埋もれてしまうため一時預け場所として納骨堂が建てられました。
九州地方ではお墓の建立や改装の間に一時的に安置する骨預かりとよばれる場所がありました。
いずれも寺院の敷地内におかれる場合が多いものでした。現代では一定の条件を満たし市町村や都道府県等の許認可があれば寺院でなくても納骨堂をおくことができるようになっていて寺院や公営だけでなく民間が運営するものも増えてきています。

自動搬送式納骨堂を選ぶメリットとは?

自動搬送式納骨堂を選ぶメリットとは? 亡くなった人の遺骨を安置することができる納骨堂のなかでも、自動搬送式は比較的新しいタイプです。
自動搬送式の場合には、従来の納骨堂とは異なり、カードキーを入口の読み取り装置にかざすことによって、バックヤードに納められている遺骨の入った厨子を機械が取り出して、礼拝室まで自動で運搬してくれます。
このような自動搬送式の納骨堂には、いくつかのメリットが期待できます。一般的な屋外にあるお墓の場合には、土地と墓石のセットになってしまうため、高額な出費を迫られますが、納骨堂であれば、はじめからある建物の内部を共同利用するにすぎないため、格段に安価な費用で済ませることができます。
また、屋内であるため天候を気にせずに供養をすることができ、転勤などの都合で遺骨を移動したい場合にも、遺骨が入った厨子だけを移動すればよいため、いわゆる墓じまいのような特別な作業を必要としません。
一般的なお墓と違い、個別の区画ごとに遺族が管理するのではなく、建物全体として管理が行き届いているため、その点でも便利であるといえます。

新着情報

◎2018/3/12

いい納骨堂の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

納骨堂に何人まで入れる?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

納骨堂の歴史について
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「墓 歴史」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@usakoami 歴史的背景とか価値とか全然わかんないけど、魂レベルでこういうの好きーー。叶うならピラミッドとか、始皇帝のとかも体験したい。更にVRゴーグルつけたら臨場感最高だよねー。どうですか?出資してください♡

先日の「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」で、岩国市玖珂町が取り上げられました。 この地では、毛利元就の防長経略の際に鞍掛合戦が起きました。古戦場があることは知ってましたが、杉隆泰と彼の父宗珊のが祥雲寺にあるそうです。 こう言った場所を紹介してくれるとは、歴史好きとして嬉しいです(^^) pic.twitter.com/QsveJqYuX3

▲裏・歴史▼ 邪馬台国の女王・卑弥呼のが徳島に!?天照大御神との驚愕の関係!![ミステリー#77]youtu.be/Ua_ea8vJHdw

Twitter海外の反応-日本人に誇りを!@arisu11091218

返信 リツイート 41分前

歴史に弱いので把握しきれてないけどばみちゃん広告で察するものはある(を建てながら)

RT @hibiki_2121: 神奈川県立歴史博物館にて「中世鎌倉における沿岸部の性格」聴講。 昔は海面が高かったため中世鎌倉の低地(材木座の辺り)は海に沈んでいた。沿岸部は主に、倉庫が作られており、今は陸地となっているところにも港があったと思われる、等々の話を聞いた。…

Twitterぷろせっしんぐるーむ@Processing_room

返信 リツイート 15:16

人々の健康を操作して利を得ている者たちである 我ら星々のカミガミから観た人間界での最大の洗脳は長い歴史の中で民衆が神仏を崇め先祖のに詣で 仏壇に手を合わせ祈っている この儀式こそが操られ洗脳された人々の世界である 3

Twitterひふみよ いむな@A6OuCk32E5e7U5M

返信 リツイート 12:11

でもこれかなり歴史的なかとだよなぁ、ずっと拒否されて、おだってほとんど知られてなくて、幕末中心の歴史かじってるような人くらいしか知らなかったような、文字通り歴史の闇に埋もれてた人が、こうやって引き上げられるのって

Twitter碧凪@紅女将尊いしんどい@aona_hnkn

返信 リツイート 8:04

お前が死んだら、俺がお前のを建ててやる。他の奴らもそうだ。歴史に忘れ去られても、俺や周りの奴ら、石碑は決してお前らの事を忘れねえ。つまり…それらが残されている限り、お前らは永遠だ

Twitter軍人アーサーbot@learn_j_ak

返信 リツイート 7:39

いろんな歴史から、 考察し、未来と 全体を 考えたいものだ。 を掘り出して、ムチ 打つなど、愚かなことで あり、恨みの連鎖を エスカレートするのは、 賢いことではない。

人生は黒歴史に満ちている。私がSNSや対面で話す黒歴史は良い方のやつで、まじで誰にも話せずにまで持ってくやつが結構ある。 懸念しているのは痴呆になったらそのバリアなり鍵なりが壊れて漏れるんじゃないかという事。これを防ぐためには老いても頭脳が明晰なままで生きて死なねばならない。

TwitterKitagawa Takuya@ktgwtky

返信 リツイート 2:09