納骨堂の仕組みや注意点について

納骨堂の歴史について

納骨堂の歴史について 納骨堂の歴史は奈良時代からあり当時の貴族や豪族が自分達の遺体を安置するためのものでした。地下に遺体を埋葬せずに建物を建てその中に埋葬することで自分達の栄華を存続させるという風習からはじまりました。
墓石の歴史は江戸時代からなので墓石よりも昔から納骨堂はあったとされています。
明治時代の頃には貴族のものから庶民が使うようになり遺骨を保管してもらうために一時預けていました。
地域によっても役割は様々で北海道のような雪深い地域では墓地が雪で埋もれてしまうため一時預け場所として納骨堂が建てられました。
九州地方ではお墓の建立や改装の間に一時的に安置する骨預かりとよばれる場所がありました。
いずれも寺院の敷地内におかれる場合が多いものでした。現代では一定の条件を満たし市町村や都道府県等の許認可があれば寺院でなくても納骨堂をおくことができるようになっていて寺院や公営だけでなく民間が運営するものも増えてきています。

自動搬送式納骨堂を選ぶメリットとは?

自動搬送式納骨堂を選ぶメリットとは? 亡くなった人の遺骨を安置することができる納骨堂のなかでも、自動搬送式は比較的新しいタイプです。
自動搬送式の場合には、従来の納骨堂とは異なり、カードキーを入口の読み取り装置にかざすことによって、バックヤードに納められている遺骨の入った厨子を機械が取り出して、礼拝室まで自動で運搬してくれます。
このような自動搬送式の納骨堂には、いくつかのメリットが期待できます。一般的な屋外にあるお墓の場合には、土地と墓石のセットになってしまうため、高額な出費を迫られますが、納骨堂であれば、はじめからある建物の内部を共同利用するにすぎないため、格段に安価な費用で済ませることができます。
また、屋内であるため天候を気にせずに供養をすることができ、転勤などの都合で遺骨を移動したい場合にも、遺骨が入った厨子だけを移動すればよいため、いわゆる墓じまいのような特別な作業を必要としません。
一般的なお墓と違い、個別の区画ごとに遺族が管理するのではなく、建物全体として管理が行き届いているため、その点でも便利であるといえます。

新着情報

◎2018/3/12

いい納骨堂の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

納骨堂に何人まで入れる?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

納骨堂の歴史について
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「墓 歴史」
に関連するツイート
Twitter

この本買ってこよ。 から歴史を紐解いたことはあるが、飲酒からはなかった! 面白そう。

お前が死んだら、俺がお前のを建ててやる。他の奴らもそうだ。歴史に忘れ去られても、俺や周りの奴ら、石碑は決してお前らの事を忘れねえ。つまり…それらが残されている限り、お前らは永遠だ

戦国BASARA/伊達政宗 アニメの面白さを中1の私に教えてくれた人。歴史の中で一番好き。アニメの世界につれてきてくれた。筆頭一生ついていきます。伊達政宗好きすぎておに家族で行きました。豪華でした。

洋風でも私にはおはおなんです。ここでは流れてこないけどミュートした。どのアカウント行っても流れてくる。フォトジェニックってなんなんだろうね。正直埼玉にある吉見百穴ですら私は歴史の授業以外で見たくないです。人の感性はそれぞれだけど。

返信先:@ryobon777 自然もあって、リフレッシュになるかと(笑) 歴史好きなら、有名人のおとかも あったりします🤭↩︎歴史苦手だから、誰のなのかわからない人💦

Twitter碧花@ストフェス.ヲタ恋成美@_ao_2013

返信 リツイート 昨日 20:36

返信先:@BABE_WHITEK他1人 ベイブさんありがとうございます😊 地味に減るのは心痛いですよね😅笑 ベイブさんは僕の黒歴史一つ知ってるからそれをまで持って行ってくださいませ(´-ω-`)

RT @hankohiroba_ike: 好天に恵まれた #2月 20日 #水曜日#東京都 #豊島区 エリアです。#三國志 の登場する魏王 #曹操から #世界最古 と推測される #白磁 製品出土のニュース等見まして #歴史 のロマンを感じる今日の店主でございます。#…

やっぱ歴史ってロマンがあるなぁ。 日本にも来るぽいし見てみたい。 曹操のから出土した壺 世界最古の「白磁」か? twitter.com/i/events/10980…

反応していただいた方ありがとうございました 私の黒歴史も一緒にまで持って行ってください(押し付け)

RT こういう場所のように人のお歴史的に惨事の起きた場やモニュメントへ行くと、自分の他者性をひしひしと感じる。いたたまれなさを感じるし、小石のようにできるだけ身を小さくしていたい。怒りや悲しみよりも、社会と個人のどちらにもつけぬ居心地の悪さ。